【2019年版】Ubuntu系のOSを自作しよう ~配布編~

BodhiBuilderを用いてオリジナルのOSを作成します。

自分の好きなデスクトップ環境やソフトウェアを入れてオリジナルのOSを作成しましょう。

実際に製作中のOS『SereneLinux』の実例を挙げながらわかりやすく解説していきます。

配布をする

作成したISOを配布します

公式サイトを用意して、そこにリンクを設置します

実際にISOを置くのは GoogleDriveアップローダMEGA などのアップロードできるサービスです

WordPressで公式サイトを作成します

おすすめのサーバは無料である程度利用できる Xfree です

Xfreeなどの無料サーバで十分ですが、有料サーバを使用してもいいでしょう

最低限のトップページとダウンロードページができたら完成です

WordPressの使い方は解説しないので自分で調べてください

参考にSereneLinuxの公式サイトを載せておきます

https://serenelinux.xyz

宣伝する

公式サイトを作成したら、TwitterなどのSNSやOSDN、Distro#aithなどに登録します

それぞれのサービスの使い方のここでは解説しませんが、作ったOSをたくさんの人に使ってもらうためには必須です

サポートやアップデートを行う

LTSが更新されるたびにアップデートをします

ベースにするOSがアップデートされてからアップデートします

頑張る

今までにたくさんのディストリビューションができて、その分たくさん開発が中止になりました

ディストリビューションづくりは結局作者のモチベーションなので、飽きずに頑張ってください^^